給食ブログ

千葉県郷土料理~さんが焼き~

2021年3月19日 13時34分

今日の給食は千葉県郷土料理の「さんが焼き」でした。
東京都の八丈島でとれたムロアジを使って作りました。
さんが焼きは、千葉県の房総半島沖でとれたアジやイワシなどの
魚をたたいて、味噌や香味野菜を混ぜて焼いて作る漁師飯です。
さんが焼きは生のまま食べてもおいしいので、
「お皿をなめるほどおいしい」ことから、生で食べる場合は
『なめろう』と呼ばれています。
ちなみに、さんが焼きはの由来は、漁師が山で仕事をする時に
『なめろう』を山の家で焼いて作ったことから、
『山家(さんが)焼き』と呼ばれるようになったそうです。

郷土料理の由来を調べると、日本古来の生活に関係していたり
面白いネーミングだったり、とても興味深いですね。

<今日の献立>
ご飯・さんが焼き・煮浸し・じゃが芋の味噌汁・牛乳

さんが焼き.pdf

ジャンボ揚げ餃子

2021年3月11日 14時08分

今日の給食は大人気のジャンボ揚げ餃子でした。
よく保護者の方からどのくらいジャンボなのかと質問がくるので、
一年生にお願いして写真を撮ってみました。
一年生の手の平とだいたい同じくらいの大きさです。

餃子の皮の大きさは1~3年生は直径14cm、
4~6年生は18cmのものを使っています。
市販のものでこんなに大きい皮を見つけるのは難しいかもしれませんが、
もし機会があれば、家でもジャンボ餃子を作ってみてください。
レシピを載せておきます。
ジャンボ餃子レシピ.pdf




<今日の献立>
わかめご飯・ジャンボ揚げ餃子・ナムル・五目スープ・牛乳

大人気の揚げパンレシピ

2021年3月5日 13時52分

今日の給食は大人気の揚げパンでした。
しかも今日はリクエストのため、珍しく2色の揚げパンが出たので、
子供も大人も大満足のボリュームでした。
揚げパンのおかわりができなくても、バットに残った砂糖を
おかわりする光景があちこちのクラスで見られました。

家庭でも作れるようにレシピをのせておきますので、
ぜひ親子で作ってみてください。

◎揚げパンレシピ(4人分)◎
(材料)
 小さめのコッペパン・・・8つ
 揚げ油・・・適量
 
 ピュアココア・・・小さじ1
 砂糖・・・大さじ2

 きな粉・・・大さじ1
 すりごま・・・大さじ1
 砂糖・・・大さじ1
 塩・・・1つまみ

(作り方)
 ①ピュアココアと砂糖、きな粉~塩をそれぞれ合わせてふるっておく。
 ②170度に熱した揚げ油に、パンをそっと入れる。
 ③菜箸でパンをひっくり返しながら、きつね色になるまで1分程度揚げる。
 ④パンを揚げ油からあげて油を切り、①の粉をまぶして完成。

<今日の献立>
2色揚げパン・コーンとインゲン豆のスープ・トマトサラダ・牛乳
 

昨日はひな祭りでした

2021年3月4日 09時31分

昨日3月3日はひな祭りでしたね。
給食もひな祭りに合わせて、行事食の「ちらし寿司」を
作りました。
ごはんの上に、錦糸卵・えび・さやいんげんをちらして
春らしい華やかな彩りに仕上げました。
 

また、PTAからは「いちご大福」のプレゼントがありました。
いつもと違ったデザートに子供たちは大興奮で、
おかわりも争奪戦でした。
PTAの皆様、ありがとうございました。


<3月3日の献立>
ちらし寿司・きんぴら・紅白あられのすまし汁・いちご大福・飲むヨーグルト

和牛給食第3弾

2021年2月25日 16時36分

昨日2月24日(水)は和牛給食第3弾として
「黒毛和牛のサイコロステーキ」が出ました。
国の補助を受けて、国産の和牛肉を給食に使えることになったため
今までリクエストが出ても実現できなかったステーキを出すことができました。
この日に来た和牛肉は、岩手県と群馬県で育てられた黒毛和牛の
サーロインという部位で、A5ランクの高級なお肉でした。
給食では中までしっかり火を通さないといけないため、
1時間半煮込んで、大根おろしのソースを絡めて作りました。
出来上がったステーキは口の中でほどけるくらい柔らかくて、
とてもおいしく仕上がりました。

<24日の給食>
ご飯・黒毛和牛のサイコロステーキ・ごま和え・豆腐とわかめの味噌汁・麦茶
 
 ステーキ.pdf

和牛給食 第2弾!

2021年2月10日 15時55分

今日は先月に引き続き「食肉産業支援」ということで、
国産の黒毛和牛肉を使った給食です。
この取り組みでは、コロナで余ってしまった和牛肉を、
国の補助金を受けて無償で給食に出すことができます。

今日は和牛給食の第2弾として「黒毛和牛のビーフシチュー」が
登場しました。
牛肉は固くなりやすいのですが、給食室で1時間半近く煮込んで
あるので、柔らかい肉に仕上がりました。
今日は岩手県産の「いわて奥州牛」という種類の和牛バラ肉で、
前回と同様A5ランクの貴重なお肉です。
児童たちは「今日は高級な給食だったなあ」と喜んでいました。

<今日の献立>
国産小麦のバターロールパン・黒毛和牛のビーフシチュー・
バジルドレッシングサラダ・いちご・ジョア(マスカット)
 
ビーフシチュー.pdf

今日は一足早いバレンタイン給食でした

2021年2月9日 15時39分

今日の給食はバレンタイン給食ということで、
PTAから「米粉のガトーショコラ」をプレゼントしていただきました。
小麦粉ではなく米粉で作られているので、モチモチ・ふわふわの食感が
楽しめました。
いつもと違った給食に、児童たちは興味津々でサンプルを見つめていました。

今日の給食には、デザートの他にも「愛」が込められています。
写真をよく見て、探してみてください。

<今日の献立>
鶏ときのこのクリームスパゲティ・ブロッコリーサラダ・
米粉のガトーショコラ・牛乳
 
 

愛媛県の真鯛をいただきました

2021年2月4日 14時00分

今日は、新型コロナウイルスの影響で余ってしまった
愛媛県産の真鯛を無償でいただきました。
その真鯛を唐揚げにし、トマトソースとからめると
「真鯛のスペイン風」の出来上がり。
コロコロした形で児童も食べやすい一品に仕上がりました。

<今日の献立>
ご飯・真鯛のスペイン風・ベーコンと野菜のカレーソテー
洋風玉子スープ・牛乳
 
真鯛.pdf

今日は節分です

2021年2月2日 14時13分

今日は節分の日です。
2月2日が節分になるのは124年ぶりだそうです。
この日には、今年一年無事健康でいられるように
豆まきをして、イワシの頭を玄関に飾ります。
今日の給食では、その豆とイワシを使った節分給食でした。
豆は唐揚げにして、イワシはつみれにして食べました。
汁物にはなんと「鬼」のかまぼこ入りです。
児童たちも「鬼が入ってるー!」と楽しそうに給食を
食べていました。

<今日の献立>
ご飯・鶏肉と大豆の香り揚げ・白菜とキュウリの漬物・イワシのつみれ汁・牛乳
 

節分.pdf

給食週間4日目&5日目

2021年1月29日 08時52分

今週は全国学校給食週間として、色々な都道府県の郷土料理などを
紹介しています。

昨日28日は和歌山県郷土料理の「クジラの竜田揚げ」と
新潟県の「のっぺい汁」です。
昭和の時代までは日本でもよくクジラを食べていて、
「クジラの竜田揚げ」は給食の定番メニューでした。
赤坂小ではこの時期の恒例メニューとして毎年出ていますが、
リクエストが出るほど子供たちに人気です。
のっぺい汁は里芋などの野菜が入ったとろみのある汁物で、
新潟の家庭の味としてよく食べられています。

<1月28日の献立>
わかめご飯・クジラの竜田揚げ・梅肉和え・のっぺい汁・牛乳
 
給食週間 4.pdf




そして、今日29日は山梨県の麺料理「ほうとう」でした。
昔は山梨県での米の栽培が難しかったので、代わりに
小麦を栽培していました。
そのため、小麦を使って麺を作る文化が生まれ、
太くて平べったい独特な麺の「ほうとう」が誕生しました。
「ほうとう」の由来は、山梨の有名な戦国武将である武田信玄が
その刀で食材を切って作ったことから「宝刀」=「ほうとう」と
名付けられたと言われています。

<1月29日の献立>
ほうとう・れんこんチップサラダ・おかしな目玉焼き・牛乳
 
給食週間 5.pdf

給食週間3日目

2021年1月27日 13時39分

給食週間3日目は、長崎県の郷土料理「ちゃんぽん」です。
豚骨鶏ガラでとった白いスープに、肉や魚介・野菜など
たくさんの具材が入った麺料理です。

給食では豚骨鶏ガラを3時間煮込んでスープをとり、
そのスープに牛乳を加えて、白い色とまろやかさを
足しています。
子供たちにも大人気でほとんど残りがありませんでした。

<今日の献立>
ちゃんぽん・大豆とさつま芋の甘辛揚げ・みかん・牛乳
 
給食週間 3.pdf

給食週間2日目

2021年1月26日 13時40分

1月24日から30日は全国学校給食週間です。
今週は給食について理解を深めてもらうため、様々な給食を
実施しています。

今日は全国で初めての給食メニューを再現しました。
給食は、明治22年に山形県で始まりましたが、
その時のメニューは「おにぎり・塩鮭・菜の漬物」でした。
それに合わせて、今日の献立は
「ごはん・鮭の塩焼き・お浸し・さつま汁・牛乳」です。
さつま汁は鹿児島県の郷土料理で、鹿児島でよくとれる
さつま芋を使った味噌汁です。

給食週間 2.pdf


昔の給食と違って、今の給食は栄養摂取はもちろんのこと、
食べ物について勉強する「食育」にも役立っています。
家庭でも献立表を見て、給食について家族で話してみてください。

今日から学校給食週間です

2021年1月25日 13時54分

1月24日から30日は全国学校給食週間です。
この週には、給食について理解を深めてもらえるように
全国の学校で様々な工夫をこらした給食を実施しています。
赤坂小では、毎日日替わりで郷土料理や日本初の給食メニューなどを
実施していきます。

今日は愛知県のひきずりと、佐賀県のうったち汁です。
郷土料理はネーミングが独特で、由来をたどると
面白い発見があります。
ひきずりは、鶏のすき焼きのことで、鍋の中で肉を
ひきずり(炒め)ながら食べるので、その名前がついたそうです。
うったちとは、佐賀の方言で「旅立ち」という意味で、
今でも子供が就職したり結婚したりする時に食べている
郷土の味です。

うったち汁には小麦粉の団子が入っているので、
子供たちに大人気でした。

給食週間.pdf

1/14(木)の給食

2021年1月14日 15時28分

今日の給食はスペシャルメニューです。
国産の黒毛和牛を使った牛丼が出ました。
新型コロナウイルスの影響で、日本中で食べ物が
余っている状況を受けて、国や都が補助金を出して
給食に肉や魚などの食材を使えることになりました。

今日はその補助の一環として、国産の和牛を使って
牛丼を作りました。
今日のお肉は三重県産松坂牛A5ランクの肩ロースと
バラ肉です。
アクが多いので一回茹でてから、だし汁と調味料で
煮込みました。

子供たちは珍しい牛丼に興味津々で、どのクラスも
ほとんど残りがなく「おいしかった!」と言っていました。

 
<今日の献立>
黒毛和牛の牛丼・カブとキュウリの漬物・わかめとじゃが芋の味噌汁・緑茶
 
牛丼.pdf

1/13(水)の給食

2021年1月13日 13時08分

今日は給食室でニョッキを手作りしました。
ニョッキとは、イタリア料理の1つで、
じゃがいもで作った団子状のパスタのことです。
給食では、丸めた団子にフォークで線を入れて、
ニョッキらしい形に仕上げました。
 
 
調理員さんが8人がかりで、2時間近くかけて
ニョッキを作ってくれました。

<今日の献立>
ぶどうパン・ニョッキのトマト煮・コーンとチーズのサラダ・
はるか・牛乳
 

毎月の献立表

2月の献立表

2021年1月29日 19時27分

2月献立

1月の献立

2021年1月14日 07時53分

1月献立

12月の献立

2020年12月1日 17時26分

12月 献立表

11月の献立

2020年10月29日 18時23分

11月の献立表

10月の献立

2020年10月2日 15時27分

10月の献立表

7月の献立

2020年6月30日 18時52分

献立表

6月号

2020年6月8日 18時47分

献立表.pdf

献立表 2月号

2020年2月3日 08時05分

献立表 2月号.pdf

献立表 1月号

2020年1月7日 11時18分

献立表 1月号.pdf

献立表 12月号

2019年12月13日 07時59分

献立表 12月号.pdf

給食献立表9月

2019年8月27日 08時51分

献立表 9月号.PDF

給食献立表7月

2019年6月28日 17時59分


献立表 7月号.pdf

給食献立表6月

2019年6月3日 15時22分

献立表 6月号.PDF

給食献立表5月

2019年5月11日 11時55分

献立表 5月号.PDF

給食献立表4月

2019年4月8日 13時49分


献立表 4月号.pdf